黒姫完全敗北 屈伏足舐め奉仕

とうの昔に勝負はついていた……
いや、それは勝負と呼べるようなものではなかった
戦いにすらならない一方的な暴行。
苛虐、暴虐の数々……

零の魂を救う為、大地神「夜叉姫」を相手に真の姿になって戦いを挑む

世界最強の美魔女
魔砲使い黒姫

だが、いくら世界最強の魔砲使い黒姫といえども
人が神の力に立ち向かうのは、あまりに無謀過ぎた。

一方的に為す術もなく
ズタズタ ボロボロ ボッコボコ
に完膚なきまで徹底的に打ち負かされた黒姫は
自分の武器である愛銃
「旋龍」
マ○コにねじ込まれ
さらに 肛門に弾丸を詰め込まれて
魔砲使いとしても、また一人の女としても蹂躙の限りをし尽くされた。

世界中のどんな芸術作品もその前ではかすんで見える
光り輝かんばかりの美しさを放っていた肉体には
いまは見るも無残な傷あとが無数にきざみ込まれ、暴虐の凄まじさを物語っている。
数多の男たちの憧れでもあり、畏敬の念を抱かせていた美貌は血と泥にまみれ
惨めに這いつくばり、地に伏し、傷口から滴り落ちる血が大地を赤く染めていた。

もはや黒姫に戦う事はおろか
立ちあがる力さえ残されていなかった……

しかし、彼女には、如何に惨憺たる敗北の最中にあろうとも
その矜持だけは決して失わない覚悟があった。
だがそれは、夜叉姫が囁いたほんの一言によって脆くも打ち壊された。


「零の魂を消滅させてやろうか?」


黒姫の身体を、戦慄が駆け抜けた。

(零の魂が消滅する…… 
私がこの世で、たった一人愛した零の存在が
その魂ごと永遠に消え去ってしまう……)

かつて味わったことの無い恐怖にその身を凍りつかせ
惨めな芋虫のように激痛に身悶えながら、きかない四肢を懸命になって奮い起し
四つん這いの態勢をとり、服従の姿勢を示して

夜叉姫の足を舐めて赦しを乞う
魔砲使い黒姫

それは世界最強の魔砲使いと謳われ、強く美しいものの象徴として
世界中の男たちを虜にしてきた
絶世の美魔女黒姫

家畜以下のただのメス豚

に堕ちた瞬間だった……


動画 アダルト動画 ライブチャット