モリガン
モリガンとの戦いに勝利したデミトリは彼女を従順な奴隷に調教せよと部下の調教師達に命令した。
だが、彼等は調教など殆どする気はなく、もっぱらモリガンの素晴らしい肉体を
ただ痛めつけたり陵辱して愉しんでいた。

「うはっ すげえ締まりのいいオ○コだ!!身体を痛めつける度にぐいぐい締めつてきやがるぜ!!」

「口もいいぜ!!痛みで歯を食いしばるから、噛み切られないように開口機で口を開いとかなければ
ならないけどな」

調教の期日はとっくに過ぎており、彼等は「驚くほど強情な女で・・・なかなか一筋縄ではいきません」
と嘘の報告をして主人を欺いていた。

「へへっ・・デミトリ様に引き渡すのは勿体ないぜ!
このまま俺たちの快楽玩具として地下で飼い続けてやる・・・壊れるまでな」

「そうとも!!なぁに、どうせ壊れたら調教に失敗したとか何とかって言い訳しとけばいいさ」


今日も地下室からは悲鳴と嬌声が響き渡る・・・・・
動画 アダルト動画 ライブチャット